トラベルクーラー優れた特徴

50Lの大容量

ポータブル冷蔵庫最大の大容量!50リッター


ポータブル冷凍・冷蔵庫史上最大の50リットル!
飲み物から食材までたっぷりはいるので、大人数でのバーベキューにも最適です。

 500mlのペットボトル最大32本、2Lのペットボトル最大10本、350ml缶最大58本、759mlワインボトル25本、氷1kg最大14袋
※上記本数は目安になります。ペットボトル、缶、瓶の形状や材質により、上記数量が変動する場合があります。

-20℃への急速冷却

25℃から9℃まで20分、25℃から-20℃まで60分

庫内温度が25℃の場合、0℃まで冷やすのにかかる時間は、たったの20分!
-20℃にするのも約1時間と、急速に冷やすことができます。冷やし忘れていても大丈夫!使いたい時にすぐに使えます。

選べる蓄電方法!3種類!

家庭用コンセント(AC)や車載シガーソケット(DC)は充電時間4時間、ソーラーパネルだと充電時間は5時間。
※蓄電時間は目安になります。

日本発!ソーラーパネルで蓄電が可能な冷蔵庫

トラベルクーラーは、1 回の充電で冷蔵なら約 12 時間、冷凍なら約 5 時間連続で使用することが可能です。さらに、ソーラーパネルを使用することで長時間の連続使用が可能となります。

使い方は簡単!トラベルクーラーとソーラーパネルを専用ケーブルでつなぎ、パネルを太陽の方向に向けるだけ。ソーラーパネルは、小さく折りたためて、かさばらずに持ち運びできる、薄型コンパクトタイプを採用しました。

※ソーラーパネルでの充電の際は延長ケーブルを使用して、トラベルクーラー本体が直射日光が当たらないよう、日陰の場所に保管してください。

車のバッテリ上がりの心配なし!
低電圧保護機能を搭載!

トラベルクーラーには、低電圧保護機能が搭載されています。蓄電の際に、バッテリー保護をHモ―ドに設定することで、カーバッテリーを保護し、バッテリー上がりを防ぐことができます。

蓄電式だから移動中も冷やし続ける

トラベルクーラーの最大の特徴は、本体に内蔵されたバッテリーに、大容量(15,600mAh)の蓄電を可能にしたことです。

また、温度設定コントロールの機能を、最新の技術を用いて構築しています。
一定温度に達すると、コンプレッサーが自動的に動作を停止する自動制御装置を搭載。

また、庫内の温度が設定温度から変化した場合には、コンプレッサーが自動可動し、冷蔵庫内の温度を常に一定に保つよう稼働します。
この機能によって、蓄電された電力を長持ちさせることもできます。

蓄電時間と連続稼働時間について

蓄電時間と連続稼働時間の説明図

トラベルクーラーの蓄電にかかる時間は、AC電源・DC電源で約4時間です。
稼働時間は、冷凍(-5℃)の場合は約5時間、冷蔵(5℃)の場合には約12時間と、長時間の冷凍・冷蔵が可能です。
夜に蓄電を始めれば、朝には蓄電が完了してるので、冷蔵ならその日1日は、蓄電なしで使用することができます。
冷凍の場合でも、ソーラパネルや車のDC電源を使って、バッテリーを保たせることができるので、いざという時も安心です。

USBポート付き

USBポートが付いているので、スマートフォンやタブレットの充電にお使いいただけます。電源のない野外では、便利な機能です。

操作は簡単

「電源ボタン」を押して電源を入れたら、「+」「-」ボタンで、お好みの温度に調整できます。コンプレッサーは30分で25℃から-10℃に冷却します。設定ボタンで、冷却モード(高速充電モード/省エネモード)の設定と、3段階のバッテリー保護設定ができます。
また、バッテリーのオン/オフが可能なバッテリースイッチも搭載。長時間使用しない場合は、スイッチをオフにすることで、バッテリーの自己放電を減らします。

ご購入はこちら

GREEN FOUNDING(グリーンファウンディング)サイトより、ご購入いただけます!

[今だけ]
希少なワインやビール付きのお得なセットを販売中!

  • 時間